脚痩せできる歩き方とできない歩き方

脚痩せできる歩き方とできない歩き方とは

脚痩せ,歩き方,効果的,靴,選び方,ダイエット方法

 

脚痩せできる歩き方やできない歩き方について紹介してみます。脚痩せのために歩き方を改善したい方は是非参考にしてみてください^^

脚痩せにNGの歩き方

脚痩せ,歩き方,効果的,靴,選び方,ダイエット方法

 

脚痩せにNGな歩き方は、歩くスピードが遅い歩き方です。速度を上げるためにふくらはぎの筋肉を使って、地面を引っ張る動作が入ります。これによりふくらはぎの筋肉が太くなり、ふくらはぎに疲労が溜まらずに楽に歩けるスピードを意識します。

 

ヒールを履いているとどうしても重心がつま先になってしまい、このようなつま先を下げる動作はふくらはぎの筋肉が使われます。つま先に重心を乗せて歩くと、常にふくらはぎの筋肉を使いながら歩いている事になります。ふくらはぎはどんどん太くなるので、なるべく足裏全体で体重を支える意識を持ちます。

 

猫背になっているとどうしても腰よりも頭部が前に出てしまい、前に重心がかかりやすくなります。つま先側に重心がかかりやすくなり、ふくらはぎが太くなります。他にも、肩こりや腰痛の原因にもなってしまいます。膝が内側を向く内股や外側を向くガニ股になり、負荷が足全体で分散されずふくらはぎと太ももの内側と外側が太くなってしまいます。

 

膝が前を向いているか、注意をしながら歩きます。靴の裏側を見た時に擦り減っていると、足を引きずって歩いている可能性が高いです。この歩き方をしていると、太もも前面の筋肉を多く使い太ももが太くなります。膝の曲げ伸ばしを上手く使いながら歩きましょう。

脚痩せできる歩き方

脚痩せ,歩き方,効果的,靴,選び方,ダイエット方法

 

脚痩せできる歩き方は、正しい姿勢で歩く歩き方です。正しく歩くには、正しい姿勢を取る事です。正しい姿勢で大切なのは、骨盤が立っている事です。また骨盤を正しい位置にキープする手伝いをするのが肩甲骨が寄っている事で、おへそに力を入れてお腹を凹ませて骨盤を真っ直ぐ上に立てて猫背や前肩にならないように肩甲骨を身体の中央に寄せて胸を開いて背筋を伸ばします。

 

お腹を凹ませ過ぎてお尻が出たり、反対に胸を張り過ぎて反り腰になりお腹が出る事がないように注意をします。横から見たら凸凹のない真っ直ぐな状態になっているのが、理想的です。正しい姿勢が取れたら、正しい歩き方で膝裏を伸ばしたまま歩きます。

 

一歩踏み出した状態を横から見た時に、脚の形が人という字になる事をイメージします。腕は前には振り出さずに、後ろに引くだけで歩きます。二の腕を後ろに引く事で肩甲骨が動くので、背中の大きな筋肉が使えます。踵で地面を押して踏み出し、必ず踵から着地をします。

 

踵でボシキュウでショウシキュウの順番で着地をすると、内腿の引き締め効果にも繋がります。大股の歩幅で歩くのを心掛けて、お腹とお尻と太もも裏に力を入れたまま自然な体重移動で歩きましょう。

脚痩せに効果的な靴の選び方

脚痩せ,歩き方,効果的,靴,選び方,ダイエット方法

 

脚が細く見える靴の色は、スカートとパンツで選び方が大きく変わります。素足にスカートの時はサンダルで、ヌーディーカラーが縦のラインを強調してくれます。パンツファッションの時は、パンツと同じ色にすると足先まで同じ色になり細く見えるようになります。

 

スカートの時に肌色のパンストを履いたらヌーディーカラーの靴で、黒いタイツなら黒い靴にします。脚が細く見える靴の形は、ヒールのある靴です。中でもパンプスが細く見えて、最も綺麗に見えるのが7センチのヒールです。もちろんそこまで高くなくても、十分な効果は期待出来ます。仕事で沢山歩く人は、3から5センチの高さにして脚の疲れを考えた高さにしても良いです。

 

筋肉質な脚の人も、筋肉を強調させない3から5センチで止めておくのが良いです。パンプス自体が細く沿った形をしているので、脚の縦のラインを邪魔しないです。パンプスにも種類があり、ゴツめのウェッジソール等は着回しがあってのものであるので選ぶのは避けます。

 

細さを強調するので、華奢な細めのヒールは女性らしさも強調してくれます。つま先の尖った靴も視線の流れがつま先に流れるように向かうので、より美脚効果を望めるようになります。

脚痩せに最適なダイエット

脚痩せ,歩き方,効果的,靴,選び方,ダイエット方法

 

脚痩せに最適なダイエットは、食事制限や運動、ストレッチ、マッサージ等様々な方法があります。食事制限は炭水化物や糖分や脂肪分の多い肉を控える事で、脂肪を増やさないようにします。魚や大豆製品や赤身の肉等の良質なたんぱく質を摂り、筋肉を増やして代謝を良くします。

 

ビタミンCやビタミンEやビタミンB群や葉酸や鉄分を多く含む食材を摂り、血行を良くして代謝をアップさせます。運動は下半身だけが太っている場合は、筋トレを行って筋肉を付け過ぎてしまいます。運動を行う場合は、ストレッチと併せてウォーキングを行うのがおすすめです。

 

背筋を伸ばして大股で歩くのがおすすめで、腹筋を意識すると更に効果が上がります。身体全体に脂肪が付いている場合は、食事制限と運動を組み合わせます。筋トレ等の無酸素運動とウォーキング等の有酸素運動を組み合わせて、体脂肪を燃やして基礎代謝を上げます。

 

ストレッチは筋肉を伸ばして身体を柔らかくして、脂肪が分解され燃焼されます。バランス良く筋肉が付くと、スッキリとした脚になれます。むくみやセルライトが原因で太くなっている場合、マッサージを行うことでリンパ節を刺激して、身体に溜まった老廃物を体外に排出しやすくすることができます。

クビレニスタ着圧ショーツのご購入はこちら!トップページへお腹にくびれが欲しい方、効率よく骨盤ケアをつけたい方はトップページのクビレニスタ着圧ショーツの詳細も確認してみてください。