ビタミンB1で脚やせ

ビタミンB1で脚やせできる

ビタミンB1,脚やせ

 

ビタミンB1で脚やせすることについて紹介しています。

ビタミンB1で脚やせできる理由

ビタミンB1,脚やせ

 

脚に付いた脂肪を効率的に減らすには、カロリーを消費して脂肪をエネルギーに変える事が大切です。脚が太る原因には、主にむくみや冷えや代謝の悪さを感じる事が多いです。代謝が悪いのは脂肪がエネルギーになりにくく、スムーズに消費されない体になっているという事です。

 

そんな脚が太っている人にしっかりと摂って欲しいのが、ビタミンB1です。ビタミンB1は糖質の代謝をサポートする働きがあり、炭水化物や甘い物やお酒が好きな人はビタミンB1が不足しやすいです。折角の運動を効率の悪いものにして、脂肪をエネルギーに変えて運動の疲労を回復させるために不足しないように積極的に摂る事を心掛けます。

 

摂取をする時には、ビタミンB1は水溶性であるので体に溜めておく事が出来ないです。そのため毎日意識して摂る事が大切で、ダイエットのために過剰に摂るのは駄目です。代謝や燃焼には様々な栄養素が必要で、脂肪や老廃物を溜め込まないようにしてスッキリと代謝の良い下半身にします。

 

このためにはビタミンB1が多く含まれている豚肉や豆腐やカボチャやほうれん草やごぼう等を、積極的に食べる事です。血液もサラサラになるので循環が良くなり、老廃物も排出されやすくなります。

脚痩せに効果的なビタミンB1が豊富な食品

ビタミンB1,脚やせ

 

ビタミンB1は精製していない玄米や麦飯等の穀物に多く含まれていて、穀物のヌカの部分に多く含まれています。現代はそれを精製した白米等で食べるようになったので、ビタミンB1を自然に摂取する事がなくなってきています。ビタミンB1は多くの水溶性ビタミンと同じように体内から排出されやすいので、汗等と一緒に排出されていき体の中に貯めておく事が出来ないです。

 

毎日一定量を摂取し続ける事が必要で、毎日一定量を摂取するには主食としてビタミンB1を摂り入れると効果的です。穀物のヌカの部分を取り除かない玄米食や麦ご飯やライ麦パンや全粒粉の小麦粉を等の料理を主食にして取り入れたりして、昔の日本人のような食生活を再現すると良いです。

 

このような食生活を送る事で、むくみを改善出来ます。食物繊維も沢山摂取する事が出来るので、ダイエット効果も期待出来ます。むくみが溜まるとそこに老廃物が溜まりセルライトが出来て、ダイエットの妨げになる事が多いです。昔ながらの食生活を送る事で、むくみ予防もダイエット効果も高める事が出来ます。

 

主食に合わせて豚肉やごまやくるみ等も摂ると、食事全体でビタミンB1を増やせます。ビタミンB1は熱に弱い水溶性であるので、過剰摂取をしても体から流れ出ていくので心配はいりません。

脚痩せのために効率的にビタミンB1を摂り入れるポイントと注意点

ビタミンB1,脚やせ

 

ビタミンB1を効率良く摂り入れるポイントは、糖質と一緒に摂る事です。糖質代謝をサポートしてくれるので、糖質をエネルギーに変えてくれます。糖質を摂る時にはビタミンB1が含まれている食材を一緒に摂ると良く、炭水化物を付き合いで食べないといけない時もビタミンB1が含まれている食材を一緒に注文すると効果的です。

 

アリシンと一緒に摂る事で、アリシンとはニンニクやニラやネギや玉ねぎ等に含まれている臭気成分の事です。アリシンと一緒に摂るとビタミンB1 の効果が高まり、ビタミンB1とアリシンが結合するとアリチアミンに変わります。これは通常のビタミンB1よりも吸収率が良く、ビタミンB1を折角摂取をしても分解酵素であるアノイリナーゼが分解する事があるがアリアチアミンはその影響を受けにくいです。

 

このため一緒に摂るのがおすすめで、豚ひれ肉のソテーやマグロ丼等にすると効率良く摂取出来ます。ビタミンB1は水溶性であるので、水で洗い流し過ぎてしまうと折角のビタミンが流れ出てしまいます。乾燥大豆を水煮にしただけでも含有量が減ってしまうので、レタス類はサッと洗う程度で食べるようにします。

 

加熱をすると流れ出てしまうので、茹でずにサッと火を通す程度で出来る限り生の状態で食べましょう。

脚痩せに効果的なビタミンB1がたっぷり摂れる食事メニュー

ビタミンB1,脚やせ

 

ビタミンB1がたっぷりのおすすめレシピは、青のり納豆ごはんです。材料は納豆1パックと青のり大さじ1から2くらいで、ご飯は1膳でだし醤油は適量です。作り方は納豆を1パック用意して、たれやからし等を入れて良く混ぜます。ご飯をよそって納豆をかけたら、上から青のりをどっさりと乗せます。

 

お好みでだし醤油を少し垂らすと、更に美味しくなります。簡単に作れるので朝からばっちりビタミンB1が摂れる手軽な朝ごはんメニューになり、これに具だくさんの味噌汁や漬物や卵焼き等を足すと完璧な朝ごはんが出来ます。マグロ丼は海苔との絶妙なハーモニーがたまらなく、簡単に出来る丼です。

 

材料はご飯1膳とマグロの刺身100グラムと玉ねぎ25グラムと、レタス適量と卵黄1個と生姜適量と醤油と酒とごま油と白ごまがそれぞれ大さじ2分の1と焼き海苔適量です。作り方は玉ねぎは食べやい大きさに切って、レタスは一口サイズにちぎります。

 

マグロの刺身は細かく切るか叩いておき、生姜はすりおろし醤油と酒とごま油を混ぜ合わせます。マグロと調味料を合わせて、器にご飯を盛って玉ねぎとレタスを敷き詰めてマグロを乗せます。マグロにくぼみを作って卵黄を乗せて、最後に焼き海苔を手で契って散らして白ごまをふりかけたら完成です。

クビレニスタ着圧ショーツのご購入はこちら!トップページへお腹にくびれが欲しい方、効率よく骨盤ケアをつけたい方はトップページのクビレニスタ着圧ショーツの詳細も確認してみてください。