脚痩せと水分補給&デトックスウォーター

脚痩せと水分補給・デトックスウォーターの関係

 

脚痩せ,水分補給,デトックスウォーター

 

このページでは、むくみの原因になる水分補給と脚痩せの関係、脚痩せに効くデトックスウォーターのレシピなど、水分補給に関わる内容をまとめています。

脚痩せに水の一気飲みがNGな理由

 

脚痩せ,水分補給,デトックスウォーター

 

水を飲むと、飲んだ水分は主に大腸から血液中に吸収されていきます。1度に大量の水分を摂り過ぎてしまうと、血液中に沢山水分が吸収されて、水分が余った状態になります。こうなると、血管から水分が排出されやすくなり、むくみが起こります。

 

体内の水分の役割

血液外の水分は、血液中の水分が減少すると補充されて、過剰になると血液中から水分を吸収するという、水分の貯水タンクのような働きをしています。血液は非常に重要な働きをしていて、常に一定に保たれている必要があります。

 

病気の可能性

蓄えられる水分の量が多くなると、むくみの原因になります。むくみの原因になる水分過剰の状態は、脳や心臓、肝臓、腎臓に疾患がある場合があります。特に、腎臓は尿として水分を排出する臓器であるので、腎臓に異常があって排尿量が少ない場合はむくみやすくなります。

 

この場合に水分を大量に飲むと、余計に排出されずに身体に溜まり、むくみとして溜まってしまいます。

 

水分摂取が少なくてもむくみの原因に

また、体内の水分量はナトリウム濃度を薄めるために、水分の補給または体外に排出して減らそうとします。水分を補給する命令が、脳の中枢神経に働きかけるので、喉が渇いたという感覚として感じ取り、水分を補給します。

 

むくみの原因が水分にあるからと、摂取量を減らしても新陳代謝が悪くなるので、身体に老廃物等が蓄積されてしまうだけなのです。

脚痩せに効果的な水を飲むタイミング

 

脚痩せ,水分補給,デトックスウォーター

 

1日に必要な水分の摂取量は、体重×30ミリリットルと言われています。例えば、体重50キロの人なら、50キロ×30ミリリットルで1500ミリリットルになります。食事からも水分は摂取出来るので、あくまでも目安にはなりますが、1日の水分摂取の目標にします。

 

また、夏場やスポーツをする人は、少し多めの水分が必要になり、体重×40ミリリットルが目安量になります。いくら水分補給が脚痩せのためになるからといっても、一気にガブ飲みするのは駄目です。一気に沢山飲んでも、体内で水分が吸収しきれずに、直ぐに排出されてしまいます。

 

理想的な水分補給のタイミングと摂取量

体重50キロの方の理想的な水分補給のタイミングと摂取量の目安は、下記のようになります。

 

起床後

コップ1杯:200ミリリットル

 

朝食時

コップ1杯:200ミリリットル

 

朝食と昼食の間

コップ2杯:400ミリリットル

 

昼食時

コップ1杯:200ミリリットル

 

昼食と夕食の間

コップ2杯:400ミリリットル

 

夕食時

コップ1杯:200ミリリットル

 

水分摂取の注意点

食事時中に沢山水分を摂取すると、唾液が薄まり消化活動が弱くなります。また、水で食べ物を流し込みやすくなり、消化不良や早食いにも繋がります。食事中に摂り過ぎるのもダメなので、ポイントは食間に多く摂取して、夕食以降は入浴後以外は水分摂取を減らす事でむくみの防止にも繋がります。

 

また、冷たい水は体や内臓を冷やすので、常温か白湯で飲みます。さらに、飲んだ水分を排出するために、1日7〜8回はトイレに行くことを心掛けます。

脚痩せに必要な1日の水の量とは

 

脚痩せ,水分補給,デトックスウォーター

 

人間が1日に必要な水分補給の量は、1.5リットルから2リットルと言われています。喉が渇く前に水分を摂取するようにしたいですが、下半身太りの人は注意をしないといけない事があります。

 

カフェインや糖分に注意

コーヒーやお茶等のカフェインの多く入った飲み物を多く飲んでいたり、ジュース等の糖分の多い飲み物を飲んでいたりする方は注意が必要です。カフェインが入っていると強い利尿作用がより、水分が体外に排出されて、体内の水分が足りなくなります。

 

体内の水分が足りなくなると、カラダが水を溜め込もうとして、むくみの原因になります。コーヒーは午前中だけにするなど、少しの工夫でカフェインの過剰摂取を避けられます。また、塩分や糖分の多い食品を多量に摂取すると、むくみを招く原因になります。

 

水分補給の注意点

水を飲む時は、一度に沢山の量は飲まないようにしましょう。人間が一度に吸収出来る水分量には限りがあり、それ以外はむくみの原因になります。食事の時に水で流し込んだりしていたら、なるべく辞めるようにしましょう。

 

水分補給は水が一番良いですが、正しく摂取しないとむくみや水毒症、冷え性の原因になり、脚がどんどん太くなってしまいます。一度に飲む量は200ミリリットルまでにして、喉が渇く前にこまめに飲みます。食事中に水を飲み過ぎない事と、出来れば常温の水か白湯を飲むようにします。

脚がむくみやすい人ほど水を飲んだ方が良い理由

 

脚痩せ,水分補給,デトックスウォーター

 

むくみは、体内の水分量が増加した状態で、一度に大量の水分を摂り過ぎると一時的にむくみが生じます。通常は、体内の水分量が増加すると、腎臓の働きにより尿の量が増加して、余分な水分が体外に排出されるようになります。

 

腎臓に障害がある人や、腎臓の機能を超えるような飲み方でなければ、水分摂取でむくみの原因になる事はほとんどありません。

 

水分不足もむくみの原因

それよりも問題になるのは、水分不足によりむくみを引き起こす事が多くあります。身体が水分不足になると、体外への排出量を減らし、必要な水分を体内に溜め込もうとする事でむくみが起こりやすくなります。

 

更に、日頃から水分が不足しがちな人は、血液の循環や新陳代謝が鈍り、慢性的にむくみが生じやすくなります。むくみを気にして水分補給を控える人がいますが、極端な水分不足でもむくみを招いてしまいます。

 

正しい水分補給が大切

むくみの予防や解消には、過剰摂取や不足にならないように、正しい水分補給をするように心掛けます。具体的には、一度にがぶ飲みしない事です。一度に大量に飲んでしまうと、一時的に血液中に水分量が増加して、余分な水分を排出する腎臓の機能が追いつかなくなり、むくみが起きてしまいます。

 

就寝直前は水分を摂り過ぎず、冷たいものは飲まないように注意しましょう。また、利尿作用のある飲み物にも注意する必要があります。

脚痩せに効くデトックスウォーターのレシピ

 

脚痩せ,水分補給,デトックスウォーター

 

デトックスウォーターには、新陳代謝のアップや脂肪を撃退させるなどの効果が期待できます。そんな脚痩せにも効果的なデトックスウォーターの簡単なレシピを紹介してみます。

 

内臓脂肪を減らすデトックスウォーターの作り方

  • りんごの芯を取り除いて皮を剥かずに16等分にスライスする
  • スライスしたりんごとシナモンをボトルに入れて、その上に氷を載せミネラルウォーターで満たす
  • 冷蔵庫に入れ、2〜6時間程置いて出来上がり

 

りんごに含まれるポリフェノールには、内臓脂肪を減らす効果があります。

 

血行を良くするデトックスウォーターの作り方

  • オレンジとレモン、ライムを皮ごと輪切りにしてボトルに入れる
  • ミントを加えてその上に氷を載せ、ボトルを炭酸水で満たす
  • 冷蔵庫に入れ、2時間程置いたら出来上がり

 

ライムとオレンジに含まれているビタミンPは、血液をサラサラにして、肌の血行をしてくれるため肌の血行が良くなります。リモネンには、脂肪を分解する働きと血管を拡張する作用があり、脚痩せダイエットにも効果があります。

 

むくみを解消するデトックスウォーターの作り方

  • きゅうりはピーラーでスライス、スイカは緑の皮を剥く、生姜は擦り下ろす
  • スイカときゅうりとショウガをボトルに入れてその上に氷を載せて、ボトルを炭酸水で満たす
  • 冷蔵庫に入れ、6時間程置いたら出来上がり

 

すいかときゅうりにはカリウムが含まれているため、余分な水分を排出してくれて脚のむくみが解消されて痩せます。

デトックスウォーターの注意点

 

脚痩せ,水分補給,デトックスウォーター

 

デトックスウォーターの注意点は、デトックス効果を期待し過ぎない事です。デトックスとは、体から毒素や不純物を排出する事です。デトックスウォーターには、ビタミンやミネラル等の栄養素が溶けだしており、むくみを解消したり美肌に役立ちます。

 

本当にデトックスできるの?

デトックスウォーターから、どの程度デトックス効果が得られるのかは、今現在は化学的な確証は得られていません。なので、過剰な期待はしないようにしましょう。

 

残留農薬の危険性

果物や野菜の皮の表面には、散布された農薬が残っている可能性があります。皮ごと使う場合は、無農薬のものか丁寧に洗ってから使い、出来れば皮は剥いて使う方が安全です。

 

保存状態に注意

デトックスウォーターは、長時間保存するとが品質が悪くなり、食中毒等の恐れもあります。日持ちしないので、なるべく1日以内で飲み切るようにします。食中毒を考慮した時に、デトックスウォーターを入れる容器の瓶は、必ず煮沸消毒をしてから使用する事が重要です。

 

そして、水に浸けた野菜や果物の栄養成分は、夏の暑い時期は菌が繁殖しやすいので、一層の注意が必要になります。

 

それでも丸ごと摂取したいなら

水溶性のビタミンを含んだ野菜や果物のビタミンは、水に溶け出すと考えられています。しかし、どの程度溶け出すのかはまだ分かっていないので、スムージーの方が丸ごと摂取出来き、効果が高いと言われています。

クビレニスタ着圧ショーツのご購入はこちら!トップページへスリムなくびれボディを目指したい方、骨盤の歪みやポッコリお腹が気になる方は、トップページでクビレニスタの詳細をチェックしてみてください。